• ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー

無駄吠え

『無駄吠え』という言葉は、人間側から見た言葉ですね。私たち人間に喋るなと言っているのと同じです。でも実際問題、人と一緒に生活していくには、基本的に吠えてはいけないということを教えていかなければいけません。

近所迷惑になって苦情がくるとトラブルにもなりかねませんので、極力吠えさせないようにしましょう。

犬はどんな時に吠える?

吠える

あなたの家の子はどんな時に無駄吠えをしていますか? 玄関のチャイムが鳴った時によく吠えるようですね。留守番をしていて、家族が帰宅すると吠える子も多いようです。

その他にも、朝方や夜中に吠えたり、何かを欲しがって吠えることもありますね。一つ一つ検証していきましょう。

飼い主に対する要求吠え

飼い主に対して、思うようにいくまで吠え続けるということは、自分が飼い主よりも順位が上だと思っています。自己主張が強いために吠えるのです。

この無駄吠えに対しては、飼い主の方がリーダーで、順位も上だということを分からせると改善するでしょう。

ストレスがたまっている

ストレス

サークルに入れている時間が長かったり、人や他の犬とのスキンシップが足りない場合に吠えまくるようになります。

心当たりがあるのであれば、少しでもそのストレスが解消できるように、スキンシップの時間を作ってあげてください。


パニックで吠える

犬は恐怖心を感じたり、パニックに陥ると吠えまくることがあります。

こんなときは決して叱らずに、気持ちを落ち着かせてあげるようにしましょう。

『大丈夫だよ』と声をかけてあげて、体をなでてあげましょう。

警戒心や威嚇から吠える

他の犬に対して威嚇したり、チャイムが鳴って誰かきたぞと警戒したりするとよく吠えたりします。

本能を押さえつけることは本来であれば望ましいことではありませんが、人間と一緒に暮らしていくためには、これらの無駄吠えをやめさせなければいけません。

他の犬に向って威嚇して吠えないよう、『待て』や『伏せ』でやりすごし、吠えさせないようにしていきましょう。

犬を直接叱らない

抱っこ

もちろん直接叱ってもいいのですが、毎回毎回飼い主に叱られていたのでは、可愛い飼い犬が飼い主になつかなくなってしまうことも考えられます。

どのしつけでも使えるものですが、賛否両論はあります。それはあとで説明していきましょう。

天罰をくだす

空き缶や、空き瓶に石を数個入れたもの、ペットボトルにビー玉などを入れたものを作ります。犬が吠えたら、それを放り投げてみましょう。大きな音に驚いて、犬は鳴くのをやめるはずです。

その時、飼い主である放り投げた人は知らん振りをしていましょう。吠えると何か分からないけど驚くことが起きると学習させるのです。

一説には、大きな音が鳴るものを放り投げたのが、いくら知らん振りをしていても、飼い主が投げたと分からないほど犬はバカではないという人もいますが、直接叱るのと天罰を下すので、メリハリをつけるためには良い方法なのではないでしょうか。

すぐにできるしつけではないので根気が必要です。

犬の無駄吠え防止グッズ

現在、様々な無駄吠え防止用のグッズが販売されています。

首輪につけるタイプの物で、吠えると微弱な電流が流れたり、超音波が出たり、犬の嫌う臭いのスプレーが鼻に向けて噴射されたりするものです。壁につけて使用するタイプもあります。このようなグッズを使っても、吠えるのをやめたときには誉めてあげましょう。

どの犬にも効果があるというものではありません。微弱の電流ならへっちゃらという子もいるでしょう。その子に合ったしつけ法を選んでいく必要があります。

スプレータイプのものもあり、吠えたら犬に向けて噴射しますが、タイミングが難しいかもしれませんね。


ページの先頭にもどる