• ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー

犬のしつけ home > 日常生活でのしつけ

日常生活でのしつけ

基本的なしつけの『よし』『ダメ』の言葉が理解できるようになったら、日常生活を送る中で、必要になってくるしつけをしていきましょう。

しつけで大切なのは、飼い主をリーダーと認めているかどうか、『よし』『ダメ』の言葉を理解しているかどうか、アイコンタクトがとれているかどうかが重要になってきます。

重要なのは犬よりも人

犬

しつけに重要なことは、犬よりも人間側にあるということを覚えておきましょう。人間側がしっかりとした意識を持っていなければ、しつけを入れることができません。

しつけ教室や訓練所などでは、犬を訓練するのではなく、飼い主にしつけの方法を教えながら犬にも訓練をするところが多くなってきています。飼い主が『このやり方でいい』と思っている方法が間違っている場合、いつまでたってもしつけができず、人間も犬も悩むことになってしまうのです。

イヌのよきリーダーとなることで、しつけもしやすくなりますし、しつけだけではなく、芸を教えるにも楽になります。

犬は誉められるのが大好き

犬にとってリーダーという存在は絶対的です。そのリーダーに誉められると犬もとても喜びます。

飼い主をリーダーと認めたイヌは、しつけをして上手にでき、誉められることでどんどんしつけも入ります。犬にとって、リーダーという存在がどれほど重要で偉大な存在なのかを理解しましょう。

良い飼い主になろう

ウィンドーショッピング

犬のしつけ云々の前に、自分がよい飼い主になれなければ、たとえしつけができていても『あの飼い主じゃ犬のしつけもできていない』という烙印を押されてしまいます。犬ばかりに完璧を求めるのではなく、飼い主自身もマナーを守れる人間にならなければいけません。

私たち人間と犬とが共存していくためには、飼い主もマナーを守り、そのうえで、犬にも人間社会で生きていくためのマナーを教えていかなければいけません。一部の心無い飼い主による、散歩中の排泄物の放置や、イヌ連れでは入れない公共施設や店舗などへの同伴などは、飼い主がしっかりしていれば簡単に守れることです。にも関わらず、道路脇に糞が放置されていたり、他人の家の塀にマーキングをさせたり、抱っこしているのだから、我が子同然なのだからとスーパーなどに出入りしている飼い主がいるのも事実です。

こうした飼い主は、犬のしつけもきちんとできていないといわれても仕方がありません。

飼い主の心構え

アイコンタクト

犬を飼うのであれば、最低限のしつけやマナーを守らなければいけません。

まず一番に挙げられるのは、やはり信頼関係です。アイコンタクトは取れていますか? 犬が飼い主をリーダーと認めると、絶対的な信頼を寄せ、名前を呼ばなくてもイヌの方からじっと目を見てアイコンタクトをとってきます。散歩のときも、時々飼い主を見上げてアイコンタクトをとるようになります。服従の気持ちと犬と人間とのコミュニケーションが大切です。

そして、このサイトの主旨でもあるしつけです。飼い主の指示や命令がきけるかどうか、問題行動も改善・回避していかなければいけません。

飼い主のやるべきことはこれだけではありません。犬に関する最低限の病気を把握し、ワクチン接種なども定期的に必ず行いましょう。健康管理するのは獣医ではなく、飼い主の役目です。

犬種や体格、年齢に合ったフードを与え、犬種に合った適度な運動もさせなければいけません。犬は口がきけません。表情やシッポの動き、行動などを飼い主が把握して対応していかなければいけないのです。

最低限、これらをちゃんとしなければ、人間も犬も不幸になってしまいます。飼ってはいけないアパートやマンションなどで、隠れてイヌを飼うなどもっての他です。保健所への登録も必ずしてください。


ページの先頭にもどる