• ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー

犬のしつけ home > はじめての犬のしつけ

はじめての犬のしつけ

初めて犬を飼う人にとって、しつけをどうやって進めていけばいいのか分からないかもしれませんね。

昔のしつけ方法のように、失敗したことに対して叱りつけるのではなく、成功したことを誉めてしつけをしていきましょう。してはいけない事に対してのしつけはきつく叱ってもいいのですが、失敗に対しては叱ってはいけないのです。

しつけをするときの言葉も、『お座り』『座れ』などとバラバラにせず、家族同じコマンドを使うようにしましょう。

しつけやすい犬

チワワ

しつけやすい犬の定義とはどんなものなのでしょうか。

飼い主の言うことを良く聞く犬、犬種の性格の特徴もあるでしょうが、個体差は必ずあります。飼いやすい、しつけやすいと聞いたから飼ったのに、全然しつけが入らない、理解しない、言うことをきかないという人が稀にいますが、やはりその犬が持って生まれた性格というものがあります。

最終的に言えるのは、飼い主をリーダーと認め、自分が家族という群れの中で一番下の立場だと認識できる犬が、しつけが入りやすいと言えるでしょう。

もちろん教えたことを飲み込みやすい犬種がいることも事実です。

しつけにくい犬

ビーグル

アルファシンドローム(権威症候群)の犬はちょっと手こずるかもしれません。自分が家族と言う群れの中でリーダーだと勘違いしているのです。ですから飼い主の言うことなど聞かず、自分のやりたい放題なワガママな犬になってしまいます。

アルファシンドロームの犬は、リーダーウォークを徹底して覚えさせることで順位を逆転させ、改善することができます。【散歩のしつけ】をしっかりと読んで、しつけやすい犬へと導いてあげましょう。

犬との信頼関係が大切

犬のしつけをする上で重要なのは、順位づけです。飼い主や家族を自分より下の順位につけているような犬は問題ありですね。飼い主をリーダーと認め、家族を自分より上の立場と見て、自分は一番下の順位だと認識させなければいけません。

可愛いからといって甘やかしてばかりだと、アルファシンドロームになってしまいます。日常生活の中で、犬が家族の上になってリーダー気取りでいるのを見分けられますか? 

子犬の頃は分かりづらいかもしれませんが、ある程度成長するとよく見られる問題行動を紹介しておきましょう。

散歩で引っぱり癖がある

群れのリーダーは先頭に立つものです。リーダー意識がかなり強く現れている証拠です。

他の犬に吠える

散歩途中で出会う犬に吠えまくる場合、リーダーとして群れを守ろうとし、順位が下の者に対して自分の威厳を見せつけています。

散歩中動かなくなる

引っ張り癖と同じくらいアルファシンドロームの典型的なパターンです。

呼び戻しができない・命令を無視

服従性のない行動です。リーダーが格下を無視する行為になります。

排尿排便後の地面の引っかき・排尿時の高い位置での足上げ

散歩

縄張り意識の強い犬に見られる行動です。雄は足を上げて排尿すると思われがちですが、気の弱い雄犬は足をあげないでする場合もあります。

足を高く上げればあげるほど、縄張り意識が強く、気性も荒いといえます。

もちろん足上げの排尿は気の強い雌にも見られます。


飼い主の足にマウント(腰を振る)

完全に飼い主を下に見ている証拠です。性的衝動ではありません。

飼い主の手にじゃれながら噛む

飼い主にしてみれば遊びの中の行為かもしれませんが、犬にとっては支配性を意味し、順位づけの行動の一つになります。

子犬の頃は甘噛みするものですが、小さい頃から徹底してやめさせなければどんどんエスカレートしていきます。


ページの先頭にもどる