犬のしつけイメージ
  1. 犬のしつけの失敗談!

多頭飼いのしつけ・2

スポンサードリンク

しつけの失敗談はよく聞きますが、我が家での多頭飼いの中で起こった失敗談を紹介しましょう。

頭では分かっていても、中々うまくいかない多頭飼いでのしつけの悩み。それを個性と捉えて諦めるのか諦めないのかは飼い主次第です。

しつけの失敗談

犬

失敗談と言っても、飼い主の家庭内だけの問題で、他人や他の犬に迷惑がかからなければいいのですが、そうじゃない場合、失敗と割り切ってしまわずに、きちんとしつけをしなおす必要があります。

あなたの家の犬の失敗は、笑って許せる範囲ですか?


せっかく教えても…

産まれた5匹の子供たち。成犬になった今でもお座りやお手ができません。

1匹になるとちゃんと戸惑いながらやるのですが、皆一緒になると、我も我もと寄ってきて、収集がつかなくなります。お座りのコマンドは誰も聞いちゃいません。

オヤツなどは競争が激しすぎて座っている余裕がないようです。それでも落ち着くまでオヤツをあげず、お座りのコマンドを出すのですが、おとなしく座っているのも一瞬。誰か1匹でも動くと、再び収集がつかなくなるのです。

新聞紙がトイレ?

1年ほど預かったビーグル犬2匹。何一つしつけはされていませんでした。自分の名前すら分からず、我が家にきてからたくさん名前を呼んで覚えさせました。

問題はトイレです。どうやら前の飼い主が、新聞紙で排泄をさせていたらしく、ソファの上やテーブルに新聞紙を置いていると、そこにオシッコをしてしまうのです。犬にとっては間違っていないのでホトホト困ってしまいました。

我が家にきたとき、すでに成犬でしたが、トイレシーツで排泄するのを覚えるのに数ヶ月かかりました。

いたずらする物がないと…

破れお札

ビーグルはいたずらっ子でも有名ですが、破壊されたものは数知れず。預かったことを最初は後悔しました。

それでも暮らしていくうちに家族の一員になり、楽しく暮らしていましたが、困ったことは、やはりいたずら癖です。

いたずら

バッグの中を漁ってお札をビリビリにされたこともありました。いたずらされないよう、部屋の中を片付けても、帰宅するとじゅうたんは剥ぎ取られ、敷居は噛まれてボロボロです。サークルに入れて留守番をさせようと試みましたが、留守中に吠えているらしく、泣く泣く毎日の帰宅後の掃除をすることで諦めたのです。

今では常に家族がいる家に引き取られていきました。


性格?生い立ち?

とある空き地で毎日ソーセージ1本だけを与えられて飼われていたマルチーズのチャッピー。真っ白なはずの被毛は毛玉だらけでドロドロです。見かねた人が飼い主に掛け合って引き取りました。

このチャッピー、中々の問題犬で、家族がいるとそれなりにおとなしくしていて、排泄もきちんと外に連れていかれるまで我慢できる子だったのですが、家族が留守にすると本性が出てくるのです。

あてつけに部屋中で排泄し、暴れ放題で、家族が帰宅すると解体途中の部屋のようになっています。サークルに入れても脱走し、上に重いフタを乗せても脱走し、困り果てた飼い主は、風呂場に閉じ込めてでかけたそうです。帰宅すると荒れ果てた部屋。なんと風呂場のドアを破って出てきていたそうです。

どんなにしつけをしようとしても、家族の前でだけ良い子なので手がつけられません。性格なのか、生い立ちがそうさせてしまったのか……。

飛びつき癖

7匹の中で一番体が大きい子。チワワとマルチーズの血を引いていて、見た目は巨大なチワワのようです。

部屋に入ると喜んで、5kg近くある体で飛びついてきます。無視を決め込むと、最後に必ず向こうに走って行き、助走をつけて戻ってきて、最初の飛びつきよりも強烈な『アタック』を決めてきます。ですが所詮小型犬。ジャンプする高さにも限界があるのでしょう。毎回、見事股間にヒットします。女だからまだマシですがこれが男性相手だったら……。

いくらこの飛びつき癖を直そうと思っても、このアタックを決めるまではやめてくれません。家族以外にはしないので、とうとう諦めてアタックを受けるようになりました。

一緒に寝るということ

犬と寝る

愛犬と一緒の布団で寝るということは、しつけ上よくないこととされています。7匹のうち、3匹はそれができていません。というより、最初からしつけるつもりなどなく、一緒に寝ています。

子供たちの親犬2匹は、我が家にきたときの切ない夜鳴きに飼い主が根負けしました。サークルで寝せたのは1週間ほどで、あまりに鳴くので、犬も人間も眠れなかったのもあります。もう1匹は、サークルの中で他の犬とケンカするため、やむなく外に出して寝るようになりました。結果、一緒の布団で寝ています。

サークルで寝ているのは、男の子2匹と女の子2匹だけです。3つのサークルで女の子が2匹、男の子が1匹ずつ入っています。本来1匹ずつサークルに入れればいいのでしょうが、7匹分ともなると思うようにならず、3匹の犬と共に布団で寝ているのです。