犬のしつけイメージ

犬の散歩のしつけ

スポンサードリンク

家の中とは違い、様々なことが起こる外でのしつけはとても重要です。もちろん飼い主の散歩のマナーも問われます。

自分が犬好きだからといって、世の中の人皆が犬好きなわけではありません。聞き分けが良くておとなしい犬であっても、犬嫌いの人にしてみれば、恐ろしい生き物でしかありません。

飼い主としての心構えと共に、犬の散歩でのしつけもしっかりと行わなければいけません。

飼い主の心構え

散歩

冒頭で述べたように、世の中にはイヌ嫌いな人もいるのです。散歩で人とすれ違う場合、イヌを反対のはしに寄せて、そのままの体制で『待て』をかけたり、『伏せ』をして、通り過ぎるのを待ちましょう。

人とすれ違うとき、我が物顔で歩道の真ん中を歩いている飼い主がいますが、できれば他の歩行者を優先して道を譲るくらいの心がけは持ちましょう。

雄犬だと電柱にマーキングをするでしょうが、間違っても、他の家の塀や玄関先にマーキングをさせないよう、制止を聞かずにしてしまった場合は、水で流すくらいのことはしなければいけません。

飼い主の責任

散歩

散歩中、ちゃんとしたしつけができていない為に、他の人や犬とトラブルになった場合、『イヌだから仕方がない』『イヌ同士のことだから』と、おかしなセリフで逃げてしまう人がいます。果たして仕方がないことなのでしょうか。

知り合いの小型犬が、突然飛び出してきた犬に噛みつかれ、何針も縫う大ケガをしたことがありました。このときの飼い主の言い分は、『イヌのしたことだから』『イヌ同士のことだから仕方がない』でした。そしてその場から立ち去ろうとしたのです。ノーリードの犬がやったことですが、仕方がないでは済まされません。治療費などでかなりもめたのも事実です。

もし自分の犬が加害犬になった場合、しつけができていない飼い主であるあなたの責任です。誠実な態度で接するべきです。

散歩デビューしたら

散歩

ワクチンの接種が済んだら、飼い主にとっては待ちに待った散歩デビューですね。新鮮な外の世界にはしゃぐイヌ。反対に、外の世界に驚いて足がすくんで歩けない犬など様々でしょう。

散歩デビューさせたら、まず『散歩』に慣れさせなければいけません。散歩は楽しいものだと教えてあげるのです。だから、歩かないからといって無理やり引っ張ったりしてはいけません。恐怖心ばかりを植えつけてしまいます。

最初からリーダーウォークをしつけようとしてもいけません。極端に引っ張るようでしたら癖がついてはいけませんので引き戻しますが、イヌの動きを制限しすぎると、散歩嫌いの犬になってしまいます。散歩は犬の運動のためにも、ストレス発散のためにも、外の空気に触れ、刺激を受けるためにもとても良いものです。

まずは散歩慣れを目標にしてください。