犬のしつけイメージ

リーダーウォークをマスターしよう

スポンサードリンク

犬のしつけの中で、意外とできていないのがこのリーダーウォークです。

犬の散歩を見かけると、飼い主よりも先に歩いてグイグイ引っ張っている子がとても多いです。飼い主をリーダーと認めている犬ができる歩き方がリーダーウォークです。ですからこの呼び方なのです。

なんとかリーダーウォークができるようにしつけていきましょう。

引っぱり癖をどう直す?

引っぱり癖の犬

飼い主をグイグイ引っ張って、自分の行きたい方向にどんどん進んでいってしまって困る。こんな経験していませんか? 楽しい散歩を自分がリードしたいという気持ちが、こうした歩き方に表れています。

最初から上手にリーダーウォークできる犬はいません。まして子犬だと、外の刺激にはしゃいでしまってそれどころではないかもしれません。

そこをうまくコントロールして、自分の横につけて歩く練習をしなければいけません。

トレーニングの仕方

散歩中の犬

飼い主の横につく『つけ』を覚えさせなければいけません。簡単に覚える子はいないでしょう。

まず、引っ張られたときに、それ以上進まずに立ち止まります。犬と目を合わせずに後ろ向きに方向を変えて、犬が自分に寄ってきたらまた歩き始めます。最初はこの繰り返しです。

慣れてくると引っ張らなくなってきますが、外の世界は犬にとって刺激がたくさんです。すぐに『つけ』を忘れて引っ張ってしまうでしょう。その時は、強めにリードを引いて止まるようにします。

根気が必要になるしつけですが、リーダーウォークができると他のしつけも容易になりますので、ぜひ習得しましょう。

普段の散歩の中でリーダーウォークのしつけがうまくいかない場合、器具を使ってしつけるのもいいでしょう。

ジェントルリーダー

大型犬の場合、引っ張り癖があると、とても危険です。子犬の頃からリーダーウォークの練習をしなければいけません。

上に書いたような練習では、どうしても習得できない場合、ジェントルリーダーという器具を使いましょう。これは犬のマズルにひもをかけるタイプのもので、マズルコントロールとしての役割も果たします。犬にとってマズルを押さえられることは、相手に支配されることを意味し、これがリーダーウォークのトレーニングに取り入れられたものです。

犬は力のかかった方向の反対側に引っ張る本能がありますが、ジェントルリーダーだと頭を上げてしまうので、効果的に引っ張り癖を直すことができます。犬にとっても苦しいものではなく、つけたまま水も飲めますし餌も食べることができます。普通に口をあけることができますので、苦痛にはならないのです。

リーダーウォークばかりではなく、他の犬への飛び掛りや、吠えかかることへの改善できます。訓練所やしつけ教室に通っても、中々リーダーウォークができなかった子でも、ジェントルリーダーを使用して、劇的に効果が現れることが多いので、試してみる価値はあるでしょう。

チョークチェーン

チョークチェーンは名前の通り、鎖になっているものです。犬の引っ張り癖が出たときに、鎖を引いて、首が絞まる刺激を与える物です。サイズは、犬の首周りよりも10cmほど長いものにしましょう。

短いと首が締め付けられて苦しく、長いと引いたときの合図が伝わりにくくなってしまいます。ゆるすぎるとすっぽ抜けてしまう場合がありますので、適正なサイズを選びましょう。犬の位置は必ず左側になるようにします。

チェーンのかける向きも間違うと、引っ張った後に緩まなくなりますので注意が必要です。

チョークチェーンを装着して、引っ張ると首が絞まるということを学習させていきます。

リーダーウォークができるようになると

散歩をしている犬

飼い主の左側について、ちゃんとリーダーウォークができるようになると、歩きながら犬の方から時折アイコンタクトをとってきます。あなたをリーダーと認めて、『ちゃんとできてるでしょ?』と言っているのです。

うまくリーダーウォークができているときは、ちゃんと誉めてあげましょう。