犬のしつけイメージ
  1. 犬の食糞を対策しよう

犬の食糞を対策しよう

スポンサードリンク

子犬がウンチを食べてしまう。これはよく見られる行動です。成長と共に改善されることが多いのですが、飼い主としてはやめさせたい行動ですね。ウンチを食べた後の口で顔を舐められたら……考えただけでもゾッとする光景です。

中には成犬になっても食糞をする子がいますが、この場合、散歩に出たときに、他の犬のウンチまで食べてしまう場合があります。寄生虫がいるウンチだったら大変です。犬にとっては問題行動ではなくても、人間からすれば十分すぎるくらいの問題行動ですね。人間の立場から見て、『食糞症』と呼ばれているほどです。

食糞をする犬の飼い主にしてみると、一番重要なしつけかもしれませんね。

どうして食糞をするの?

人間側から見ると、とても理解しがたい食糞ですが、どうしてウンチを食べてしまうのでしょうか。

母犬は子犬が生まれると、おしりを舐めて排泄を促します。そして排泄された子犬の糞を食べてしまうことがあります。これは、野生の犬が、糞の臭いを嗅いで襲ってくるのを防ぐため、そのために糞の臭いを消す必要があったからです。この野生の遺伝子がそうさせるのでしょうか。

母犬を見習って(?)子犬も食糞をすることがありますが、離乳する頃にはおさまることが多いのです。では、それ以外での食糞は、何が原因になっているのでしょうか。

  1. 不足している栄養分を補給している
  2. 餌の量が足りていない
  3. 退屈・分離不安などの精神的ストレス
  4. 糞が良い臭いをさせている
  5. ずっと糞があるのが嫌

これらが原因ではないかと言われていますが、実際犬に聞いてみたわけではありませんので、本当のことは分かりません。

どうして食糞という行動を起こすのか、ハッキリ分かっていないのが現状です。

食糞をさせないために

犬

食糞を防ぐ一番の方法は、排泄したらすぐウンチを処理することです。ウンチがなければ食べることもしないでしょう。簡単なことのようですが、実際難しい問題です。

留守番させることもあるでしょうし、夜中に排泄することもあるかもしれません。夜中の排泄に気づかないまま食糞してしまい、飼い主が食糞の事実を知らない場合もあるかもしれません。

栄養分を補給と考えられる場合

犬と食事

一説では、不足しているビタミンKやBを補給しているのではないかと言われています。

糖分や炭水化物の多い餌を食べていると食糞のケースが多いとも言われています。フードを値段で選んでいませんか? あまりにも価格の安い物は添加物も多く、栄養面でも不安があります。栄養価をチェックしてバランスのよいものを与えるようにしましょう。

栄養価の高いフードを与えていても食糞する場合、寄生虫がいてその栄養を奪ってしまうため、栄養不足になって食糞することも考えられます。その場合は駆虫剤を飲ませなければいけません。

餌の量が足りていない

体重に対しての餌の量は適量ですか? 考えにくい原因ではあるのですが、対処法は餌の量を増やすしかありません。

一度の量を増やしてもあまり食べない場合、食事の回数を増やしてみてください。

ストレスが原因の場合

ストレス

犬は群れで行動する性質を持っています。家庭で、1匹で飼われる場合、長時間留守番をさせると寂しさからストレスを抱え込むようになり、問題行動を起こします。

この場合は、犬と触れ合う時間を今まで以上に作ってあげてください。信頼関係を築くためにも役立ちます。

糞から良い臭いがする

フードを見直したほうがいいかもしれません。合成香料などを使用しているフードでは、食欲を誘うために香料が入っている場合があります。天然素材の原料を使っているものがいいでしょう。

糞の味を変えてしまうサプリメントもありますので、フードに混ぜて与えるのも一つの方法です。

ずっと糞がそこにあるから

犬は、汚れた場所では排泄しない習性を持ちます。そのため、処理されずにいつまでもそこにあるウンチが嫌で食糞するケースもあるでしょう。

先にも述べましたが、排泄したらすぐにウンチを処理するのが一番です。